スポンサーリンク

大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺キャスト一覧・相関図・あらすじを調査!

大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺キャスト一覧・相関図・あらすじを調査! ⭐️ エンタメ

本ページはプロモーションが含まれています。

2023年4月27日(木)、大河ドラマ2025のタイトル主演俳優さんが発表されました。

ライターのさとこです♡
ライターのさとこです。

タイトルは「べらぼう~蔦重栄華乃夢噺(つたじゅうえいがのゆめばなし)~」。

主人公・蔦屋重三郎(つたやじゅうさぶろう)を演じるのは俳優の横浜流星さんです。

そこで今回は、

  • 大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺/キャスト一覧※2/19更新
  • 大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺/相関図
  • 大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺/あらすじ

についてご紹介していきます!

satoko

大河ドラマ2025放送開始は、2025年1月からの予定です。

放送開始までまだ日はありますが、横浜流星さん演じる「蔦屋重三郎」についてあらかじめ予習しておきましょう♪

長居公園の紫陽花2024開花状況・見頃はいつまで?駐車場・入園料などのアクセス情報も解説!

服部あじさい屋敷2024開花状況・見頃は?駐車場やアクセス情報/犬は同伴可能?お土産や屋台も調査

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺/キャスト一覧※4/16更新

※新キャストは、発表され次第随時更新していきます※

●蔦屋重三郎(つたやじゅうさぶろう):横浜流星

■田沼意次(たぬま おきつぐ):渡辺謙

映画.comより引用

自らの才能と実行力で、足軽出身の出自から遠江相良とおとうみさがら藩(いまの静岡県牧之原市)の五万七千石の大名に昇りつめた人物。

米による幕府の財政運営に限界をおぼえ、金を動かしてこそ“経済がまわる”商業重視の政策に方針を大転換。

商人を中心に江戸は好景気に沸く。

また印旛沼いんばぬまの干拓、蝦夷地えぞちの開発、優秀な人材を幕政に積極的登用し、“新しい日本”を創り始める。

■喜多川歌麿(きたがわ うたまろ):染谷将太

映画.comより引用

幼いころ、絵師・鳥山石燕とりやませきえんのもとで絵を学び、その後、蔦重と出会う。

蔦重が洒落本しゃれぼん、黄表紙、狂歌本きょうかぼんと次々と新たな出版物を手がけていく中で、挿絵の仕事などを任され、自らの画力を磨いていく。

やがて寛政の改革で時代が変わると、蔦重と浮世絵の美人画を仕掛け、その才能を一気に開花させる。

美人画は江戸で大評判となり、人気絵師の地位を確立していく。

■田沼意知(たぬま おきとも):宮沢氷魚

映画.comより引用

田沼意次の嫡男。

田沼権勢の象徴として、若くして、意知は若年寄に昇進、異例の出世をとげる意次が着々と実行してきた改革を、より推進し、政治的手腕を発揮、蝦夷開発にも積極的に携わっていく。

また、江戸の町を度々見聞するなど好奇心旺盛な一面も持つ。

父・意次の正統な後継者と思われていた矢先、江戸城内で予期せぬ事件に巻き込まれてしまう…。

■鱗形屋孫兵衛(うろこがたや まごべえ):片岡愛之助

映画.comより引用

大人向けの絵本・黄表紙『金々先生栄花夢きんきんせんせいえいがのゆめ』で黄表紙のパイオニアとなった江戸を代表する日本橋(いまの中央区)や深川(いまの江東区)の地本問屋の主あるじ。

蔦重に初めて本格的な本づくりの仕事を任せるなど、商売の基礎を指南する。

やがて蔦重が本格的に本屋業に乗り出すと一転、ライバル関係となり、激しい争いを繰り広げていく。

■花の井(五代目瀬川):小芝風花

吉原の老舗妓楼ぎろう・松葉屋を代表する遊女。

蔦屋重三郎(横浜流星)とともに親に“捨てられ”吉原で育った“幼なじみ”で、何でも話せる良き相談相手。

時に蔦重を助け助けられながら、共に生まれ育った吉原の再興に尽力を注ぐ。

やがて、とある理由から長らく途絶えていた伝説の遊女の名跡“瀬川せがわ”を継ぎ、その名を江戸市中に轟とどろかすこととなる…

五代目・瀬川は史実に残る“名妓”として知られ、1400両(現在のおよそ1億4000万円)で落籍された出来事やその後の悲運な人生が戯作などで語り継がれることとなる“伝説”の遊女。

■誰袖(たがそで):福原遥

■いね:水野美紀

■松の井:久保田紗友

トップの「呼出(よびだし)」。※”呼出”とは当時最高級の遊女のこと。

小芝風花さん演じる松の井の先を行く存在です。

■うつせみ:小野花梨

「座敷待ち」と呼ばれる中堅の遊女。「呼出」の下のランク。

■志津山(しづやま):東野絢香

玉屋の座敷待ち。蔦屋が初めて作った本「一日千本」の中で、”葛の花”として見立てられる。

■ちどり:中島瑠菜

吉原最下層の遊女屋”河岸見世(かしみせ)”「二文字屋」で生きる遊女。

■きく:かたせ梨乃

”河岸見世(かしみせ)”「二文字屋」の女将。

脚本

脚本を担当されるのは、森下佳子(もりしたよしこ)さんです。

森下さんがこれまで担当された作品は…

  • TBSドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」
  • TBSドラマ「天皇の料理番」
  • TBSドラマ「JIN-仁-」
  • NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」
  • NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
  • 日本テレビ「ファーストペンギン!」

などなど。

satoko

一度はどこかで聞いたことのあるタイトル名がずらっと並んでいますね♪

Twitterでは、脚本が森下さんということで”期待している”といった方の声を見つけることができました♪↓↓

おぱんちゅうさぎ×GUコラボのオンライン販売は何時から?整理券や売り切れ時の再販も調査

パリオリンピック2024開会式日本放送時間/会場・出演アーティスト

スポンサーリンク

大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺/相関図

後ほど「べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~」のあらすじをご紹介いたしますが、歴史上の人物がたくさん登場することがわかります。
satoko

相関図の発表が待ち遠しいですね♪

スポンサーリンク

大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺/あらすじ

物語は18世紀半ば

人口は100万人を超えて世の中が平和で心配事もない中、江戸は世界有数の大都市へと発展。

蔦重こと物語の主人公・蔦屋重三郎(つたやじゅうさぶろう)は、江戸郊外・吉原の貧しい一般市民の子どもとして生まれました。

幼い頃に両親と生き別れた蔦重は、引手茶屋(ひきてぢゃや:お客様の手を引いて遊女屋へ案内するガイド)の養子となり、血の繋がりを超えた人同士の繋がりの中で育ちます。

そのような環境で育まれた蔦重は、貸本屋(かしほんや:お金を徴収して本を貸す本屋)から書籍の編集や出版業を新しく開始。

まさにそんな時…

権力者・田沼意次(たぬまおきつぐ)が創り出した自由な環境の中で江戸文化が盛んになり、平賀源内など多彩な文人が排出されていきます。

蔦重は朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)などといった文化人と交流を重ねた後、挿絵を十分に使った「黄表紙本」という書籍でどんどんヒット作を連発。

33歳という年齢で”江戸のシリコンバレー”こと日本橋通油町(とおりあぶらちょう)に店を構え、「江戸の出版王」へと一花咲かせます。

蔦重が見つけ出した才能には、喜多川歌麿(きたがわうたまろ)山東京伝(さんとうきょうでん)葛飾北斎(かつしかほくさい)曲亭馬琴(きょくていばきん)十返舎一九(じっぺんしゃいっく)という個性が豊かな若い才能達がたくさん。

教科書に掲載されているようなお名前が連なっています。

後に巨匠となって、日本文化の基礎を築く方たちばかりです。

しかし…。

時代は移り変わって、権力者・田沼意次は地位を失ってしまいます。

代わりに勢力を伸ばした松平定信による”寛政の改革”で、蔦重の自由さと政治風刺が問題に。

蔦重は財産の半分を没収されるという処罰を受けることになってしまいます。

周りでは江戸を追放される者・死に追いやられる者も。

蔦重もその後も引き続き幕府からしつこく抑えつけられますが、”反権力”を貫き通し筆の力で戦い続けます。

ところがそんな中、蔦重は病魔に襲われることに。。

生命の限りが迫る中でも蔦重は、壮大なエンターテイメント「写楽」を仕掛けます…!

▼脚本担当・森下さんのコメントなどがご覧いただけます^^↓↓

Watts

スポンサーリンク

最後に

今回は、「大河ドラマ2025べらぼう蔦重栄華乃夢噺キャスト一覧・相関図・あらすじを調査!」についてご紹介させていただきました。

大河ドラマ2025の放送は、2025年1月からスタート予定です。

まだまだ発表されていない情報も多いですが、大河ドラマ初出演の横浜流星さん演じる蔦屋重三郎を拝見するのが今から楽しみですね♪

新キャストなど新しい情報は、発表され次第随時追記していきます!

ライターのさとこです♡

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

キンプリとうちあげ花火一般チケット申込方法!日程と会場イベント内容・レポお届け

チューリップ祭り関西2024淡路島・兵庫・三重・大阪・奈良/開催期間や駐車場・屋台まとめ!

Watts

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました